御法度のあらすじとみんなの感想

御法度 1999年の邦画

御法度の概要

制作:1999年 日本
監督:大島渚
出演:松田龍平、ビートたけし、武田真治、浅野忠信、崔洋一、他

御法度の見どころ

司馬遼太郎の短編小説を大島渚監督が映画化。
主演はビートたけし。
新選組版、衆道(ゲイ)の物語だが最後は粛清されるまでをストーリーにしている。

御法度のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

1865年京都、西本願寺では新しい隊士を入れようと、新選組一番隊組長沖田総司が隊士志願者達と立ち合いをしていました。
その中に色っぽいほどの美貌を持つ青年加納惣三郎が居ました。
剣の腕もあり、惣三郎は田代彪蔵と同期入隊することになりました。新選組局長近藤勇は惣三郎にひとめぼれしてしまいます。しかし副長土方歳三はそんな近藤を怪しむのでした。
衆道(ゲイ)の気がもともとある田代は惣三郎を執拗に誘いますが、惣三郎はそれを拒否します。すると今度は惣三郎は童貞という噂を流されてしまうのでした。そして惣三郎は隊士達から誘われる事が続きます・・・。
沖田はそんな空気を嫌がり、嫌悪感を感じてしまいます。しかし沖田も惣三郎の剣の腕は認めているのでした。
ある日、惣三郎と田代を戦わせると田代が勝った姿を見て、土方はこいつらはデキてるな・・・。と思うのでした。
同時に新選組の中では惣三郎と田代はデキてるという噂が流れ始めます。
時は流れて惣三郎は新選組十番隊の湯沢藤次郎からも言い寄られてしまいます。そしてついに肉体関係になってしまうのでした。
井上と惣三郎は不逞浪士に馬鹿にされたことから、新選組で不逞浪士を追っていましたが、井上と惣三郎が見つけてかたき討ちに行きます。それを沖田が土方に報告し、何人かで二人を追いかけます。
沖田達が来るまでに惣三郎は少し斬られてしまっていました。田代が心配し、心配する田代を湯沢が嫉妬心を隠せずに怒っていました。湯沢の惣三郎への思いは日に日に強くなり、惣三郎に田代とは別れるように言いますが惣三郎が承諾しないため、湯沢は田代を斬ろうと思います。しかし次の日に見つかったのは湯沢の死体でした。

ネタバレと結末

土方は惣三郎が原因だと考え、作戦を練ります。近藤から惣三郎に女を味合わせて見るようにと指示され、山崎が任されます。山崎は幾度も惣三郎に遊郭に行こうと誘いますが惣三郎は拒否します。
そして惣三郎は山崎にモーションをかけるのでした。しかし山崎は根っからの女好き。今日も一人ででも遊郭に足を運び、結局惣三郎は女の味を覚えることはなかったのでした。土方は惣三郎を巡る嫉妬が原因で次々と問題が起こるので惣三郎と田代を呼び出します。斬り合いをさせ、惣三郎が田代を斬りつけます。
土方と沖田が帰っている途中に沖田が言い訳をして、別に帰ることになり土方が付けていくと沖田が惣三郎と会っていました。沖田が惣三郎を好きなのではなく、惣三郎が沖田の事を好きだったのでした。しかし沖田により惣三郎の断末魔の叫びが聞こえます。土方は桜の木を斬り倒し、物語が終りました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました