シン・ゴジラ/あらすじとネタバレと感想

2016年の邦画

シン・ゴジラの概要

制作:2016年 日本
監督:庵野秀明(総監督)、樋口真嗣(監督・特技監督)
出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、市川実日子、平泉成、大杉漣、野村萬斎、他

シン・ゴジラのあらすじ

シン・ゴジラのみんなの感想

ネタバレなし

まず、この映画の特筆するべき点としてテンポの良さです。ゴジラが襲ってくるという異常事態に対して、国の対応にピンポイントで焦点を当てているため、ストーリー自体も非常にシンプルで、これもテンポの良さを引き立てています。
次に情報量の多さです。先述した早いテンポに合わせて、国の各機関、拠点からの情報が時間軸に沿って出てくるため、とにかく膨大な情報量が私たちに届きます。
一方で、専門的な用語や多すぎるとも言える登場人物の多さから、こちらのキャパシティーがオーバーしてしまうこともあります。しかし、このまるで自分が追体験しているようなテンポで進むストーリーの中では、これが「もう一度観たい」につながるのではないかと感じました。(20代男性)
久しぶりに邦画(アニメ以外)で面白いと思った作品でした。エヴァンゲリヲンの庵野秀明監督が、実写でどんな作品を作るのか興味があったので。
作品は、いかにもに庵野ワールドといった感じで、危機感などの煽り方とかが見事でした。
ゴジラが形態を変えて進化するってのも面白かったですね。米国大統領特使カヨコ役、石原さとみの英語の発音がなんだかちょっと笑ってしまいましたけど。(笑)(40代男性)
まずこの映画の感想はすごく面白かったです。日本の特撮映画としては一番の出来であると思います。
ゴジラのCGもハリウッド並みかと思わせる出来ですし、戦車の砲撃シーンも迫力があって良いし、ゴジラによる東京のビル群破壊シーンなんか見ていると日本映画もここまで出来るのかと感心しました。
残念な事を言えば、石原さとみの役が何か変テコなだったのがちょっと残念でした、どうせならもっと良い役にしてあげれば良かったのにと思いました。(40代男性)
同時期に流行った「君の名は。」と同日鑑賞。尻が痛かった思い出があります。ネット上では評価の高い本作ですが、個人的には「合いませんでした」。クオリティが高いのは認めますが、自分の見たい感じではなかったです。
本作のキャッチコピーは「現実」vs「虚構」でしたが、最終的に現実側が勝つ物語なので必然的に絵が地味になり、あまりカタルシスを得られませんでした。(無人在来線爆弾など、そのあたりの問題を解消しようとしている努力は感じましたが)しかし、中盤でゴジラが暴れているシーンはとてもよかったです。
私は20代中盤であり、「怪獣映画といったら怪獣同士のプロレス」という価値観で幼少期をすごしたのも関係あるのかも知れないです(20代男性)
ゴジラが火を噴いて東京を焼き尽くして大暴れしている場面、なんかすごいゴジラに感情移入してしまった。人間が破壊し続けてきた「自然」が今までのうっぷんを晴らすべく荒ぶっているように感じられて、ゴジラが少し可哀想に思えたのは自分だけだろうか。
物語り全体としては少し後半の盛り上がりが欠けたように思えた。凍結作戦開始直後の少し安っぽい感じのBGMがかなり残念な感じがした。最後はまだ続編もありそうな終わり方だったこともあり、続編があるのならぜひ見てみたい。(40代男性)

ネタバレあり

庵野秀明作品としてシンゴジラはとても優れていると思います。まずこの映画の半分を占める、町の破壊シーンがとにかくかっこいいです。道路上にある車を吹き飛ばしながら闊歩し、ビル群を次々となぎ倒すときの映像の迫力に、画面にくぎ付けになります。
そしてもう半分を占める政治家たちの会議のシーン。アニメに近い、かなりテンポの速いカット割りと、限界まで詰め込んだセリフも相まって、今まで見たことのない緊張感のある会話劇が繰り広げられます。
この二つの理由からシンゴジラはかつてのマトリックスおも超える「映像革命」であると思います。(10代男性)
この映画は映画館でもAmazonPrimeでも見ました。エヴァンゲリオンを製作した庵野秀明氏の制作したものだけあって、この映画は「シンゴジラ」の名前を借りた「エヴァンゲリオン」だと感じました。
シンゴジラを倒す為に「倒す」よりも国民からの目線を意識して、ルール制定を先に考える日本人特有のネガティブシンキングが対策を一層遅くしていると感じました。日本の政治そのものが「シンゴジラ」を見ていて思い知らされました。
またシンゴジラも、かつてのゴジラとは違って「尻尾」「背びれ」から熱線レーザーを発射して米軍が放った運用機を撃ち落とすところとかたまりませんでした。シンゴジラは現代版のリアルなゴジラの大作であることは間違いないです。(30代男性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました