ジュブナイルのあらすじとみんなの感想

ジュブナイル 2000年の邦画

ジュブナイルの概要

制作:2000年 日本
監督:山崎貴
出演:香取慎吾、酒井美紀、鈴木杏、遠藤雄弥、清水京太郎、他

ジュブナイルの見どころ

未来からやってきたロボットと少年少女が地球を救う事になる物語である。
監督は山崎貴。主演は香取慎吾。
監督が小説を書いたため、小説もほぼ同じストーリーである。

ジュブナイルのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

2000年の夏休み。ユースケ、トシヤ、ヒデタカは林間学校に来ています。
バンガローで寝ていると明るい光が落下するのを見て、ユースケたちとミサキは外に見に行きます。落下した場所に行くと球体のロボットがおり、しゃべり始めます。ユースケたちはテトラと名乗るそのロボットを持ち帰りました。そして押し入れで育て始めます。ロボットは知能が高く、金属片を集めて自分の体を作り始めました。
同じころ地球から10万キロ離れた場所では宇宙船が停泊しています。
テトラは人間に成りすましてテレビから情報を得ます。そしてネットがしたいと言い出しました。しかし四人は誰もネットができる環境ではなかったので、神崎の店に忍び込みネットに接続しました。しかし神崎に見つかってしまい怒られると思いきや、自分のタイムマシン構想を語りだすのでした。
テトラの実力を見せられて神崎と四人はテトラを未来から来たのではないかと思い始めます。
そしてある日、テトラが居なくなりました。四人は探し、神崎の所に行くと神崎は偽物の異星人になっていました。異星人はテトラの事を聞きだそうとしますが四人は逃げます。すると本物の神崎が見つかります。5人は地球の危機も感じながらテトラを探します。

神崎は異星人を酒に酔わせて情報を得ました。異星人はボイド人という名前でテトラを破壊しに来たそうです。ボイド人はミサキを誘拐しテトラを連れてこいと言いました。
焦るみんなにテトラから電話がありました。テトラが出したガングリオンというロボットに載って急いでミサキを救いに行きます。ガングリオンの中からはなぞの男の声がします。

ネタバレと結末

ミサキは無事に救出されましたが、テトラがボイド人によって攻撃を受けてしまいました。テトラが動きません。直そうとするユースケでしたが現代の科学では直せそうにありませんでした。ミサキはユースケに大人になって直せばいいじゃないといい、いつしかユースケの目標はテトラを直せる大人。となったのでした。
・・・20年後、ミサキとユースケは結婚し、ユースケは大学で科学を取って研究者になっていました。
いよいよテトラを直す日がやってきました。ユースケはガングリオンの中で話していた男が未来の自分だと気が付きます。テトラの目が覚め、再会を喜びました。そして久しぶりに集まった仲間と、地球を救うためにテトラを過去に送りだすのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました