みんなのいえ/あらすじとネタバレと感想

みんなのいえ 2001年の邦画

みんなのいえの概要

制作:2001年 日本
監督:三谷幸喜
出演:唐沢寿明、田中邦衛、田中直樹、八木亜希子、伊原剛志、他

みんなのいえの見どころ

三谷幸喜脚本、監督の作品。
とある夫婦の新居建設を巡る騒動の物語である。
主演は唐沢寿明。

みんなのいえのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

バラエティー番組の放送作家の飯島直介と妻の民子はマイホームを建てる夢がありました。
オシャレで自慢できるような自分好みの家にしたい妻は、大学の後輩インテリアデザイナーの柳沢英寿に設計を頼もうと思っています。柳沢もそれを承諾しましたが、彼は築士の資格を持っていなかったので登記などの申請ができませんでした。なので妻の父である、大工の岩田長一郎に施工を頼むことにしました。
父は娘夫婦に頼まれて大張り切りです。仲間に声をかけ、大工仲間を集めます。
一方妻が柳沢の所に行くと設計図が出来上がっており、夫婦と柳沢、それに父と父の仲間たちが集まり、設計図を見ます。ところが父とその仲間たちが見た設計図を見て馬鹿にしだします。そもそもその設計図は違法建築に当たるというのでした。父と仲間たちは設計をした柳沢を馬鹿にしだします。
理想を追求したい柳沢と現場命の父たちはことごとく衝突します。

飯島夫婦はなんとかうまくやってもらおうとしますがうまくいきませんでした。家を建てる本人たちは黙って見守るしかできない状態です。
そこに夫の母までもが参戦します。夫の母は風水に入れ込んでおり、熱狂的な信者だったのです。
地鎮祭が終り、建築に入りました。和室にこだわる大工集団は勝手に6畳の和室を20畳にしてしまいます。
その後も柳沢と大工集団は自分のポリシーを曲げられず衝突します。

ある日怒りが収まらない柳沢は建築中の家にペンキをぶちまけました。壁の色が気に入らなかったのです・・・。大工集団は激怒し、柳沢に二度と現場に来るなと言いました。
そして数日後台風がやってきます。建築中の家が心配になり、大工の父が見に行くと柳沢もバケツを持ってやってきました。

ネタバレと結末

お互い、こだわりが強いけれども、この家を完成させたいという思いは同じでした。
夫婦ももちろん心配していました。夫が台風と二人が現場に行っていることを知ると車で急いで駆け付けます。
しかし現場から帰っていた柳沢の車と衝突事故を起こしそうになってしまいます。
柳沢の車は横転、夫もケガしてしまいます。そのうえ修理依頼を頼んでいた高級家具が横転の衝撃で壊れてしまうのでした。柳沢は修理もできないので終わった・・・と思いますが大工の父が修理しだします。そして直してしまうのでした。そうして柳沢と大工たちは仲直りし、家を完成させます。
完成披露会では大工の父と柳沢が満足げに家を眺めるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました