涙そうそう/あらすじとネタバレと感想

涙そうそうの概要

制作:2006年 日本
監督:土井裕泰
出演:妻夫木聡、長澤まさみ、麻生久美子、塚本高史、中村達也、他

涙そうそう

涙そうそうのあらすじ

涙そうそうのみんなの感想

ネタバレなし

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
(20代女性)
(30代女性)
(40代女性)
涙そうそうは、妻夫木の演技が光る作品という、そんな印象を持っています。その主人公のなく姿は、はっきりと思い出すことができます。それだけ見ている人の記憶に残っているぐらい、とても演技が上手と思ったことでした。また強い兄弟愛を感じて、自分の子供たちもこんなふうに楽しく支えあって暮らして欲しいと感じたことです。兄弟愛というのは、こんな風に強烈に残る印象の映画はなくこれが1番です。(50代女性)

ネタバレあり

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
(20代女性)
血のつながらない兄妹の愛情がとても切なく美しく丁寧に描かれていました。沖縄の青い空や美しい海や優しい方言にすごく癒されました。空みたいに広くて、海みたいに深い兄の愛がすばらしかったです。兄を慕う妹がとにかく愛らしかったです。配役がぴったりでした。結末はあまりにも事態が唐突すぎたので、死というものを安易に扱っているような気がしてしまってちょっと残念に思いました。(30代女性)
(40代女性)
(50代女性)