マリと子犬の物語/あらすじとネタバレと感想

マリと子犬の物語の概要

制作:2007年 日本
監督:猪股隆一(本編)清水俊文(特撮)
出演:船越英一郎、松本明子、広田亮平、宇津井健、高嶋政伸、他

マリと子犬の物語(プレビュー)

マリと子犬の物語のあらすじ

マリと子犬の物語のみんなの感想

ネタバレなし

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
(20代女性)
(30代女性)
(40代女性)
マリと子犬の物語は、私がワンちゃんが好きなのでこれを見て号泣せずにはいられませんでした。それはなんといっても、ワンちゃんの姿を見ると人間に忠実に生きていると思えるからです。ワンちゃんの命と人間の命、そのどちらも大きなものだと思っています。しかしそのような法律がないので、助けることができないのは当然のことですね。しかし涙が止まりませんでした。最高の感動映画です。(50代女性)

ネタバレあり

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
(20代女性)
(30代女性)
(40代女性)
(50代女性)