猫の恩返し/あらすじとネタバレと感想

猫の恩返しの概要

制作:2002年 日本
監督:森田宏幸
出演(声):池脇千鶴、袴田吉彦、渡辺哲、斉藤洋介、山田孝之、前田亜季、濱田マリ、丹波哲郎、他

猫の恩返しのあらすじ

猫の恩返しのみんなの感想

ネタバレなし

ジブリの中でも猫の恩返しがお気に入りです。学校帰りに道路を横断している猫を見つけた主人公ハルがその猫を部活のラケットで救ったところが実際にも起こりそうな出来事だと思ったシーンでした。そのあとハルがバロンに会ったシーンでバロンがジブリの他の作品にも出ていたことを知っていて、その時は動くこともなかったのでこの作品で喋って動いているのを見れて最後まで釘付けでした。
この作品は全体的にも実際に起こりそうな出来事で描かれていて、終始ワクワクしました。(20代女性)
まず、使用されている音楽がとても素敵だなという印象を受けました。特に主題歌は映画のタイトルを聞くだけで口ずさみたくなるような軽やかさと爽やかさで、映画の内容が反映されている点でも、良い選曲だと思いました。
ストーリに関しては、冒頭から中盤あたりまでは見ていて面白かったです。登場人物に魅力を感じられる場面が多く、またテンポも良くて引き込まれました。
しかし後半になるにつれてそれが次第に薄れ、少し飽きてしまいました。恐らく、クライマックスのシーンが少しごちゃついている様に見受けられたからだと思います。解決してその場面が終わってもイマイチすっきりとした気持ちになりませんでした。
全体を通してはオリジナリティもあり色彩も綺麗でよかったため、その点だけ残念でした。(20代女性)
スタジオジブリ制作のアニメーションでした。ジブリ関係の映画の中でもすこし内容が異なる感じの映画でした。カッコよくダンディーな猫が出てきたリ、猫がしゃべったりと猫好きには楽しい物語でした。四つ足歩行のはずの猫が二足歩行という突っ込みどころもありますが、猫の世界でのメルヘンチックな物語が楽しい話です。主人公の吉岡ハルの気持ちの変化もポイントとなる話でした。あまり難しく考えないで楽しんだ方が良い映画です。(50代男性)
スタジオジブリ作品の一つで、とても大好きな作品です。原作はコミックのバロン猫の男爵で、監督は森田宏幸さんです。
高校生の女の子が猫の世界で起こる様々な出来事に巻き込まれる物語ですが、面白さの中に心が温まるような場面も多々あり、猫好きだけではなく皆に愛される作品だと思います。原作にもなっているバロンも登場します。
声優も豪華で、猫の王子様の声を演じていらっしゃうるのは、俳優の山田孝之さんです。
ハラハラもできて明るい気持ちになる、さらに猫を好きになれる映画です。(20代女性)
原作の漫画も読みましたが、映画とは少し違う感じになっていました。耳をすませばでも登場するバロン。
やっぱりカッコいいですよね~。
主人公のハルちゃんがちょっぴり「いいな」と思ってしまうのもわかります。
だけど、声を務めているのは、袴田吉彦さん…。
何とも言えない気持ちなります(笑)
良いキャラを出しているのは、ハルちゃんと共になぜか行動しているムタ。
またたびゼリーの中に体ごと入ってしまうところが面白いです。(30代女性)
スタジオジブリからの作品だったことと、声優陣が豪華だったこともあり見てみたけれど、正直内容が子供だましというか、浅いというか・・・
主人公が猫を助けて猫の世界へ連れていかれるというベタともいえる展開から始まるが、主人公のハルのなんともどんくさいというかよく言えば純粋すぎる感じが(もう17歳だよね?)現実離れしていてなんかイラついてくる。悪役の猫がいたり恐怖の体験をしたり猫をたすけたばかりに恩返しというか災難にあったといっても過言ではないのでは?と思ってしまった。(30代女性)
1番の好きなポイントは「バロン様」が大活躍する点です。バロン様の自己紹介シーンは、猫なのにかっこいいと本当に感じるほど素敵な紳士でした。またラスト主人公とのお別れシーンの台詞と去り方が本当にかっこよくて素敵でした。またムタさんのゼリーづけになったシーンは、密かに好きで何度か巻き戻して見ました。(30代女性)

ネタバレあり

お魚クッキーはいつみてもとても美味しそうだなと思いながら毎回テレビで放送される時は見ています。猫王様の監視カメラ?は少し怖いです。ハルちゃんが猫の事務所からさらわれる前に作ろうとしていたケーキの完成を是非見て見たかったです。きっとシンプルでも美味しいんだろうなと思います。無事に元の世界に戻った後、友達との買い物中にムタさんが椅子に座っていたことにハルちゃんには気づいて欲しかったです。ルーン王子とユキちゃんにもまたどこかで会えるといいなと思います。(20代女性)
スタジオジブリの作品ですがジブリっぽくないです。好き嫌いがはっきり別れる作品かなと思います。私は単純に猫好きなので好きです。現実の世界から連れ出してくれるような、ファンタジー要素のある大好きな世界観でした。映画でもテレビでも見ました。
軽いタッチなのでわざわざ映画館でなくてもテレビで満足できるなとは思いました。
見終わったら、もし自分が猫になったら…なんて考えてしまいます。(30代女性)
車に轢かれそうになった猫を助けた女の子が猫の国へ招かれ(強制的ですが)さまざまな愉快な猫たちに出会うお話ですが、特にバロンがかっこいいです!ヒロインのピンチに駆けつけるヒーローのようで、また紳士的で優雅な振る舞いにはとても惹かれました。また、自分の世界に帰る時に、空から地上へと連なったカラスの空中階段は幻想的で夢があり可愛い演出でとても印象的でした。そして、何より、昔主人公が出会った白猫との再会、幸せになれた姿を見れてこちらもなんともいえない幸せな気持ちになる映画でした。(30代女性)
あの「耳をすませば」と関連の深い作品ということで注目してみました。両作品のファンです。
作品で一番印象的だったのは主人公ヒロインがラクロスを嗜むという点。あのラケットを上手に活用して車から引かれそうな猫を助けた演出は思い出に残ります。この映画を見てああいったスポーツがあると初めてしりました。
つじあやのさんの主題歌に癒やされ、本当に大好きな歌でした。作品、曲ともに懐かしく素晴らしい作品です。(20代男性)