風立ちぬ/あらすじとネタバレと感想

風立ちぬの概要

制作:2013年 日本
監督:宮崎駿
出演(声):庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜夫、竹下景子、志田未来、國村隼、大竹しのぶ、野村萬斎、他

風立ちぬのあらすじ

風立ちぬのみんなの感想

ネタバレなし

ゼロ戦の設計者であった堀越二郎さんの半生をモデルにした映画で心を打たれるような感覚になりました。飛行機に憧れた青年がゼロ戦を設計するまでになりますが、妻を結核で無くしたり作ったゼロ戦が戦争で一機も戻って来ないなどつらい事もたくさんあり当時の戦争の辛さについても考えさせられる内容でした。純粋に飛行機が大好きで素晴らしい飛行機の設計者でありその方の人生が描かれておりとても感動しました。(30代男性)

ネタバレあり

万人受けする作品ではないことはわかりますが、わたしは主人公の夢を追いかける姿勢がとても好きです。特にイタリアの伯爵、カプローニが主人公の夢の中に出てくるところがお気に入りで、「近眼でも飛行機の設計はできますか?」と問いかける主人公に、「パイロットに向いてる人間は他にたくさんいる。私は飛行機をつくる人間だ。設計家だ!」と声高らかに言う場面ではつい涙ぐんでしまいます。(20代女性)

コメント