スーパーサラリーマン左江内氏/あらすじとネタバレと感想

スーパーサラリーマン左江内氏の概要

制作:2017年 日本
監督:福田雄一
出演:堤真一、小泉今日子、ムロツヨシ、島崎遥香、賀来賢人、他

【スーパーサラリーマン左江内氏】左江内ダンス特別ver

スーパーサラリーマン左江内氏のあらすじ

スーパーサラリーマン左江内氏のみんなの感想

ネタバレなし

冴えないサラリーマンを堤真一さんが演じているSF作品。
不思議な力を得た堤真一さん演じる左江内。
でも、その不思議な力を必要以上に使わないところが偉いなと思ってしまいます。
プライベートでも仕事でもみんなから疎まれていたりするのに、そこでは力を全然発揮しないんですよ。
だからいつまでたっても奥さんには強く当たられているし、子どもたちからは下に見られているし…。
本当はスーパーサラリーマンなのに、しっかり隠して普通の生活をしている主人公の話です。
スーパーサラリーマンによって解決した事件のはずなのに、警察も記憶を消されているので、なんで解決したのか分からない…。
でも、能天気な警察なので、それで良しとしているのです。
なんでやねん!とつっこみたくなる不思議なストーリーです。(30代女性)
キャストがそれぞれのキャラクターを全力で演じていて、福田組らしい安定の面白さでした。少しやりすぎだと感じるほど。特に、ムロツヨシと中村倫也のコンビが好きです。「リア充は無条件に撃つぞ」は最高でした。堤真一と小泉今日子の家族は一見ダメ家族だけど、実は大切に想い合っている。ふざけたシーンが多いけれど、このドラマを見ると家族っていいなと思えてくるから不思議です。冴えないサラリーマン・弱い夫・頼りないパパも、人知れず責任感に耐えて頑張る隠れたスーパーマン。家族を、会社を、日本を、世界を支えてくれている。かっこいいなと思うとともに、我が家のスーパーマンも大切にしたいと思いました。(30代女性)
おバカな話だなぁと思いつつ、ついつい見入ってしまうドラマでした。最初は、コメディというより、ギャグだなぁと眺める程度だったのですが、愛すべき登場人物たちにどんどん作品の中に引きずられ、見終わるころには立派なホームドラマにさえ感じました。
とにかく、主人公一家が素敵です。最高。
かっこいいけど面白い男前といった印象の強い堤さんが演じる主人公。最初は、役に無理があるなと思うくらいの、パッとしなさすぎるただのオッサン。スーパーマン役を押し付けられてるのも情けなく、また活躍も微妙で、覚えていてもらえないなんてどれだけさえないんだと呆れちゃうんですが…役者さんがすごいのか、主人公がすごいのか、どんどん可愛くかっこよく見えてくるんですよ。不思議なことに。
くわえて、主人公の妻もまたいい味出している! キョンキョンが恐妻家! 発言が鬼すぎる! 自己中が酷い…なのにどうしてあんなに可愛いんでしょうか。
きっと見る方によってはドン引く夫婦関係なんでしょうがが、ドラマの中ではちゃんと成立しているので、私は安心して見れました。
そして、二人の娘、息子も、多少のもんだはあれど、見ている分には可愛くて。
これはこれでいい家族だなと思える主人公一家。
また、一癖も二癖もある周囲の面々と、登場人物もここに楽しいひとたちばかり。
中年男性がスーパーマンになる話らしいといった事前の知識では思いもよらなかったほどに、本当に面白いドラマでした。(30代女性)
いい意味でくだらなくて,本当に気楽に見ることができました。毎回笑わされました。どの役者さんも普通のドラマとは違った雰囲気で,楽しめました。
特に好きだったのは,堤さん演じる主人公佐江内氏の妻,円子役の小泉今日子さんの演技です。もうとにかく楽したい,コタツから離れられない,子どもはかわいくてしょうがない,夫はどうでもいいけれどなんだかんだ信頼している,そんな円子は個人的にはとても共感できるし,ある意味理想でもありました。
当時は今ほど有名ではなかった賀来賢人くんの大袈裟な演技もとても印象的で,毎回楽しみにしていました。
CGは低クオリティーですがキャストは豪華,福田雄一監督らしさが溢れていて,勇者ヨシヒコ好きなら絶対好きになる作品です。(20代女性)
(20代女性)
(30代女性)
(40代女性)
(50代女性)

ネタバレあり

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
(20代女性)
(30代女性)
(40代女性)
(50代女性)