暗殺教室〜卒業編〜(第2作)/あらすじとネタバレと感想

暗殺教室〜卒業編〜(第2作)の概要

制作:2016年 日本
監督:羽住英一郎
出演:山田涼介、二宮和也、菅田将暉、山本舞香、橋本環奈、加藤清史郎、優希美青、竹富聖花、高嶋政伸、椎名桔平、上原実矩、知英、桐谷美玲、成宮寛貴、他

暗殺教室〜卒業編〜(第2作)のあらすじ

暗殺教室〜卒業編〜(第2作)のみんなの感想

ネタバレなし

ネタバレあり

少年ジャンプで掲載された漫画の映画化、それも実写化です。この映画は「卒業編」でちょうど全2作の2作目に当たります。
私は2016年に彼女と見に行ったのですが、結論を先に伝えます。本当に泣ける映画です。
暗殺業室における根本的ルールは「殺せんせー」を殺せたら合格。そんな感じで物語は進捗して「殺してあげないと」という義務感に変わる出来事がおきます。
殺せんせーはもともと人間でした。政府の機関に改造されて、怪物にされました。その際の「殺せんせー」を改造した冷徹な博士が「殺せんせー」以上の形状で殺しにやってきます。
そして最後は殺せんせーが勝利しますが、殺せんせーへの義務感と「殺せんせー」ののぞみで殺せんせーを殺して終わります。
その意味のわからない関係が本当に泣けました。(30代男性)